特集

ニュース|東京パラリンピック

東京パラリンピックに関するニュースです。

特集一覧

飛べ「片翼の飛行機」 “見る薬”になった13歳の大きな夢へ

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
東京パラリンピックの開会式で、「片翼の小さな飛行機」を演じる和合由依さん(左)=東京・国立競技場で2021年8月24日、徳野仁子撮影
東京パラリンピックの開会式で、「片翼の小さな飛行機」を演じる和合由依さん(左)=東京・国立競技場で2021年8月24日、徳野仁子撮影

和合(わごう)由依さん(13)・東京パラ開会式主役

 ある意味、競技以上に鮮烈な瞬間だったかもしれない。13歳の少女は、一夜にして世界中の注目の的になった。

 2021年8月24日、東京・国立競技場。東京パラリンピックの開会式に現れた「片翼の小さな飛行機」――。

 <自分の姿に悩み、心に葛藤を抱えている。周囲の励ましを受けて飛び立つ決意を固め、右側だけ翼がある飛行機は滑走路を駆け抜ける>

 実は「自分の性格とあまり似ていない」という。

この記事は有料記事です。

残り627文字(全文842文字)

あわせて読みたい

マイページでフォローする

この記事の特集・連載
すべて見る

ニュース特集