特集

柔道|東京パラリンピック

東京パラリンピックの柔道に関するページです。

特集一覧

チームジャパン、パリに挑む 自分らしさ、輝かせるために

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
練習に励む藤波朱理=三重県いなべ市で2021年11月30日、兵藤公治撮影
練習に励む藤波朱理=三重県いなべ市で2021年11月30日、兵藤公治撮影

 東京オリンピック・パラリンピック後、アスリートはパリを見据える。若さで駆け上がる者、挫折から立ち上がる者、背景はそれぞれだが、高みを目指す思いは変わらない。

「超攻撃型」負け知らず

 ◆藤波朱理(あかり)(18) レスリング=三重・いなべ総合学園高

 すらりとした長い腕、軽快なステップからの力強いタックル。あどけない表情の下には「世界一」の強さが隠されている。

 2021年10月、初めて挑んだ世界選手権(オスロ)で躍動した。決勝までの4試合で1ポイントも与えず、全てテクニカルフォール勝ち。五輪4連覇の伊調馨や東京オリンピック金メダルの須崎優衣らと並ぶ高校生チャンピオンに輝いた。「いつも通りやったら、結果が付いてきた。別に狙っていたわけではない」。淡々と答える姿は往年の五輪女王らに重なる。

この記事は有料記事です。

残り1772文字(全文2117文字)

あわせて読みたい

マイページでフォローする

ニュース特集