愛称は「MIYAMAX」 みやま市が建設中、総合市民センター /福岡

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
建設が進むみやま市総合市民センター
建設が進むみやま市総合市民センター

 みやま市は、2022年10月の開館を目指して建設中の総合市民センターの愛称を「MIYAMAX」(みやまっくす)と決めたと発表した。9月に愛称を公募し、応募作192点の中から、宇都宮市の自営業、高野信夫さん(65)の作品が選ばれた。市名と敷地内に生えるクスをかけ、マックス(最大限)活用されるようにとの願いも込めたという。

 瀬高公民館と瀬高体育センター跡地に昨年6月着工。2階建てで1階のホールは音楽会や講演会場となり、バドミントンやバレーボールのコートの取れる体育館にもなる。子供向けキッズルーム、茶道、華道の活動拠点となる和室もあり、2階にトレーニング室も入る。工費は約50億円で過疎債を充てる。

この記事は有料記事です。

残り115文字(全文415文字)

あわせて読みたい

ニュース特集