全国高校ラグビー

仙台育英62-3桐生第一 初指揮、選手たたえ 仙台育英・ニールソン武蓮監督

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
ハーフタイムに選手に指示を出す仙台育英のニールソン監督=藤井達也撮影
ハーフタイムに選手に指示を出す仙台育英のニールソン監督=藤井達也撮影

第1日(27日・東大阪市花園ラグビー場)

 ◆マイボール

 「ここに来て自分が監督なんだと実感した。試合前は緊張してスーツでアップ(準備運動)していた」。花園史上初の留学生選手が、監督として大会初戦を白星で飾った。仙台育英を率いる、ニュージーランド出身のニールソン武蓮伝(ぶれんでん)監督だ。

 的確にスペースを突く、監督直伝のラグビーで主導権を奪った。序盤は勢いよく飛び出す桐生第一の防御に苦しんだが、ロングパスやキックでボールを大きく動かし、FW、バックス一体のアタック…

この記事は有料記事です。

残り353文字(全文587文字)

あわせて読みたい

ニュース特集