特集

新型コロナウイルス

新型コロナウイルスのニュース、国内での感染状況を報告します。

特集一覧

ワクチン先進国イスラエル、3回目接種なぜ伸び悩み?4回目にも暗雲

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
試験的に4回目の新型コロナウイルスワクチンの接種を受ける医療関係者=イスラエル中西部ラマトガンで2021年12月27日、AP
試験的に4回目の新型コロナウイルスワクチンの接種を受ける医療関係者=イスラエル中西部ラマトガンで2021年12月27日、AP

 イスラエルで、新型コロナウイルスワクチンの3回目の接種を受ける人の数が伸び悩んでいる。変異株「オミクロン株」の感染拡大を受け、政府は接種を強く促しているが、効果はまだ表れていない。政府は既に4回目も準備しているが、このままでは不発に終わる可能性もある。「接種先進国」のイスラエルで何が起きているのか――。

 イスラエル保健省によると、イスラエルでワクチン接種を2回受けた人は人口約930万人の約6割にあたる約590万人。一方、3回受けた人は人口の約4割強にあたる約420万人にとどまる。

 イ…

この記事は有料記事です。

残り813文字(全文1058文字)

【新型コロナウイルス】

時系列で見る

関連記事

あわせて読みたい

マイページでフォローする

この記事の特集・連載
すべて見る
この記事の筆者
すべて見る

ニュース特集