連載

エンタメノート

お笑い、大衆芸能、放送などエンタメ全般を取材してきた、油井雅和記者が「舞台裏」をつづります。

連載一覧

エンタメノート

テレビとユーチューブ、両狙いの時代に お笑い・演芸回顧2021 その1

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
「M-1グランプリ2021」で優勝し、記者会見で喜びを語った「錦鯉」の長谷川雅紀さん(左)と渡辺隆さん=東京都港区のテレビ朝日で2021年12月19日夜、屋代尚則撮影
「M-1グランプリ2021」で優勝し、記者会見で喜びを語った「錦鯉」の長谷川雅紀さん(左)と渡辺隆さん=東京都港区のテレビ朝日で2021年12月19日夜、屋代尚則撮影

 今年のお笑い、演芸界は、昨年から続く新型コロナウイルス禍の中でも、舞台や高座で、そしてネットなどのメディアでも発信を続け、人々の心の癒やしになった。今年のお笑いについて、西条昇・江戸川大教授(芸術学)に語ってもらった。【油井雅和/デジタル報道センター】

 ――年末は「女芸人No.1決定戦 THE W 2021」、そして「M-1グランプリ2021」と盛り上がりました。

 ◆M-1は注目していた錦鯉が王者になり、モグライダーも出演順がトップでなければ、もっと上位だったかもしれませんが、トップとしては高得点でした。THE Wもすっかり定着しましたね。

この記事は有料記事です。

残り2081文字(全文2355文字)

あわせて読みたい

マイページでフォローする

この記事の特集・連載
すべて見る

スポニチのアクセスランキング

現在
昨日
1カ月

ニュース特集