香港の民主派ネットメディア事業停止 当局が記者ら逮捕、資産を凍結

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
「立場新聞」の幹部(左から2人目)を逮捕し、連行する警察官ら=香港で2021年12月29日、AP
「立場新聞」の幹部(左から2人目)を逮捕し、連行する警察官ら=香港で2021年12月29日、AP

 香港国家安全当局は29日、民主派のネットメディア「立場新聞」の編集幹部や歌手のデニス・ホー(何韻詩)氏ら7人を扇動的な情報を流した疑いで逮捕した。また同日、反政府的な言動を取り締まる香港国家安全維持法(国安法)の実施細則に基づき、運営会社の資産6100万香港ドル(約9億円)を凍結した。立場新聞はこれを受け、事業停止を表明した。

 国安法が2020年6月に施行された後、当局は報道機関への弾圧を強化。今年6月には民主派紙「蘋果(ひんか)(りんご)日報」を廃刊に追い込んだ。立場新聞の摘発は、インターネット上に残る民主派メディアも容赦なく取り締まる当局の姿勢を示した形だ。

この記事は有料記事です。

残り557文字(全文842文字)

あわせて読みたい

ニュース特集