奈良・薬師寺で「お身拭い」 輝き取り戻した仏像に心洗われ

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
丁寧に薬師如来坐像を拭く僧侶=奈良市の薬師寺で2021年12月29日午後1時26分、藤井達也撮影
丁寧に薬師如来坐像を拭く僧侶=奈良市の薬師寺で2021年12月29日午後1時26分、藤井達也撮影

 新年を前に奈良市の薬師寺で29日、仏像のほこりを払う「お身拭い」があった。金堂では約100人の参拝者が見守る中、僧侶らが本尊・薬師三尊像(国宝)を隅々まで磨き上げた。

 加藤朝胤(ちょういん)管主らが仏像の魂を抜く法要を営んだ後、僧侶とボランティアら計約40人が作業を開始。正月用の鏡餅を作る際に沸か…

この記事は有料記事です。

残り166文字(全文316文字)

あわせて読みたい

ニュース特集