天神センタービル建て替え

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
野村不動産などが建て替える福岡天神センタービル(中央)。左隣の2棟も同社が所有し、一体再開発が検討されている=福岡市中央区で2021年12月21日午後2時44分、久野洋撮影
野村不動産などが建て替える福岡天神センタービル(中央)。左隣の2棟も同社が所有し、一体再開発が検討されている=福岡市中央区で2021年12月21日午後2時44分、久野洋撮影

 福岡市天神地区にある大型オフィスビル「福岡天神センタービル」が建て替えられることが関係者への取材で明らかになった。市の再開発促進事業「天神ビッグバン」による規制緩和を念頭に周辺ビルとの一体的な建て替えも検討しており、同事業の認定第1号で2021年9月に完成した「天神ビジネスセンター」に匹敵する規模となる可能性もある。

 センタービルは中央区天神2にあり、1976年完成。地上16階地下3階で延べ床面積は約4万4000平方メートル。地下鉄天神駅と直結している。野村不動産や竹中工務店などが共同所有しており、天神ビジネスセンター(延べ床面積約6万1000平方メートル)が完成するまで天神地区で最大規模のオフィスビルだった。大手企業の拠点などが入居するが、築45年となり建て替えが課題となっていた。

この記事は有料記事です。

残り572文字(全文919文字)

あわせて読みたい

ニュース特集