特集

第101回全国高校ラグビー

第101回全国高校ラグビー大会(12月27日~1月8日)の特集ページです。

特集一覧

目黒学院、3回戦進出 飯田に快勝 全国高校ラグビー

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
【目黒学院-飯田】後半、目黒学院のポルテレがタックルを飛び越えながら突進しトライ=東大阪市花園ラグビー場で2021年12月30日、山田尚弘撮影
【目黒学院-飯田】後半、目黒学院のポルテレがタックルを飛び越えながら突進しトライ=東大阪市花園ラグビー場で2021年12月30日、山田尚弘撮影

 第101回全国高校ラグビー大会(毎日新聞社、日本ラグビー協会、全国高校体育連盟、大阪府、大阪府教委主催)は30日、東大阪市花園ラグビー場で2回戦16試合。目黒学院(東京第2)が飯田(長野)を38―0で降し、3回戦に進んだ。

 目黒学院は1月1日の3回戦で東福岡(福岡)と対戦する。

「真っ向勝負でいった」

 目黒学院・竹内圭介監督 最後のあと一歩でミスがあったが、ボールを速く動かすことができていて良かった。相手はモールで仕掛けてきたが、真っ向勝負でいった。FWはしんどかったと思うが、うちは守りのチームなので完封できたのは良かった。(次は東福岡戦)何回見ても止め方が分からない。選手の力を発揮させられるようにするのが一番だと思う。

 目黒学院・フランカー・シオネ・ポルテレ 無失点だが、守りがまだまだ課題と感じた。もっとスクラムで押せた。(トライは)チームみんなで取った。チームのサインでうまくいき、最後取り切れたのはすごくうれしい。次の試合もどんどんアタックしていきたいと思う。(3回戦は東福岡戦)強い相手だが、ここまで来たので、まずは守りからちゃんとやりたい。

この記事は有料記事です。

残り321文字(全文801文字)

関連記事

あわせて読みたい

マイページでフォローする

この記事の特集・連載
すべて見る

ニュース特集