路上生活者に食料配布 仙台NPO・年越し支援 市のセンターでも相談受け付け /宮城

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
仙台夜まわりグループが配布する食料を求めて列をつくる人たち=仙台市宮城野区榴ケ岡のみやぎNPOプラザ前で2021年12月30日、平家勇大撮影
仙台夜まわりグループが配布する食料を求めて列をつくる人たち=仙台市宮城野区榴ケ岡のみやぎNPOプラザ前で2021年12月30日、平家勇大撮影

 行政機関が閉まる年末年始も生活困窮者らへの支援を継続しようと、仙台市内で支援団体が食料の無償配布などを行っている。長引く新型コロナウイルス禍で仕事を失い路上生活を余儀なくされる人も増えているといい、支援者らは「路上で命が失われることがあってはならない」と活動に力を入れる。

 30日、ホームレスや生活困窮者らを支援するNPO法人「仙台夜まわりグループ」(仙台市)が同市宮城野区のみやぎNPOプラザ前でカップラーメンや弁当、カイロなどを約30人…

この記事は有料記事です。

残り332文字(全文553文字)

あわせて読みたい

ニュース特集