特集

第101回全国高校ラグビー

第101回全国高校ラグビー大会(12月27日~1月8日)の特集ページです。

特集一覧

王者・桐蔭学園、攻守で躍動 佐賀工降し4強 全国高校ラグビー

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
【桐蔭学園-佐賀工】前半、桐蔭学園の原が飛び込んでトライ=東大阪市花園ラグビー場で2022年1月3日、滝川大貴撮影
【桐蔭学園-佐賀工】前半、桐蔭学園の原が飛び込んでトライ=東大阪市花園ラグビー場で2022年1月3日、滝川大貴撮影

 第101回全国高校ラグビー大会は3日、東大阪市花園ラグビー場で準々決勝があり、3連覇を目指す桐蔭学園(神奈川)は佐賀工を26-0で降し、7大会連続の準決勝進出を決めた。

   ◇

 「代名詞」といえるFWとバックスが連動する展開ラグビーで序盤から攻め立てた。就任20年目の藤原秀之監督が「これまででも随一」と目を細める運動量を背景に、攻守に連係の…

この記事は有料記事です。

残り259文字(全文431文字)

関連記事

あわせて読みたい

マイページでフォローする

この記事の特集・連載
すべて見る
この記事の筆者
すべて見る

ニュース特集