連載

ただいま!この味~中国4県のソウルフード

毎日新聞デジタルの「ただいま!この味~中国4県のソウルフード」ページです。最新のニュース、記事をまとめています。

連載一覧

ただいま!この味~中国4県のソウルフード

がんす(呉) “娘”登場で脚光、全国区に 色鮮やかな揚げすり身 /広島

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
揚げたての「がんす」=呉市で2021年12月13日午前10時9分、池田一生撮影
揚げたての「がんす」=呉市で2021年12月13日午前10時9分、池田一生撮影

 三宅水産(呉市)の「がんす」の味は、1950年の創業時から変えていない。社内の工場で、魚のすり身にタマネギや唐辛子を練り込み、長方形に成形。鮮やかなだいだい色のパン粉を従業員が手作業でまぶしていき、油で揚げると完成。1日に5000枚を出荷する。

 しかし、看板商品となったのはここ10年ほど。同社は創業時からかまぼこをメインに製造しており「がんす」は全体の出荷量の1割にも満たなかったが、「がんす娘。」の登場で状況は一変した。

 扮(ふん)するのは同社の三宅結花さん(38)。デザイン会社に勤務後、家業の売り上げ低迷を受けて里帰り。子ども頃から食べてきた「がんす」にポテンシャルを感じ、2007年から地元スーパーを回り店頭販売に立った。オリジナルの帽子とコスチュームで「うまいでがんす。食べてみんさい」と楽しげに店頭に立つ姿が話題を呼んだ。

この記事は有料記事です。

残り248文字(全文617文字)

あわせて読みたい

マイページでフォローする

ニュース特集