箱根駅伝、中央大総合6位 10年ぶりシード権獲得、名門復活へ

6位でフィニッシュする中央大のアンカー・井上大輝=東京都千代田区で2022年1月3日、長谷川直亮撮影

 3日の第98回東京箱根間往復大学駅伝で、5年連続95回目出場の中央大は総合6位で10年ぶりにシード権を獲得した。どん底の時期に入学した4年生たちは、「C」の誇りを胸に、名門復活の歩みを進めてきた。

 今季の中大は、全日本大学駅伝で10大会ぶりにシード権を獲得するなど力を見せてきた。「彼らが入学してき…

6位でフィニッシュする中央大のアンカー・井上大輝=東京都千代田区で2022年1月3日、長谷川直亮撮影

あわせて読みたい