連載

ゆったり九州山口

おいしい食べ物やすてきな場所、作り手の思いがこもった品々。ゆったり、のんびり毎日の暮らしを楽しめる九州・山口の魅力を紹介していきます。

連載一覧

ゆったり九州山口

ふるさと愛編 宮崎・延岡「川坂川を守る会」毎冬行う草刈り 湿原を維持、希少種の保全 /宮崎

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
雑草を刈る安藤さん=宮崎県延岡市北川町の川坂湿原で
雑草を刈る安藤さん=宮崎県延岡市北川町の川坂湿原で

 宮崎県延岡市北川町の「川坂湿原」に2021年12月上旬、草刈り機を積んだ軽トラックが続々と集まってきた。「川坂川を守る会」が毎冬行う草刈りだ。メンバー9人が人の背より高く生い茂る雑草を勢いよく刈り取っていく。安藤重徳会長(75)は「放置するとすぐに木が生えてしまう」と苦笑いする。

 川坂川の支川・山ノ内谷川沿いに広がる川坂湿原は、近接する「家田(えだ)湿原」と合わせて「北川湿原」を形成し、国の「生物多様性の観点から重要度の高い湿地」(重要湿地)の一つ。環境省のレッドリストで絶滅危惧2類のスイレン科の水草「オグラコウホネ」やサトイモ科の多年草「マイヅルテンナンショウ」の他、準絶滅危惧のトンボ「モートンイトトンボ」など希少植物や昆虫が多く確認されている。

 06年に宮崎県が「家田・川坂川自然再生事業」に着手し、翌07年に、県野生動植物保護条例に基づく重要生息地に指定した。安藤さんら地域住民は当初「自分ごととして捉えていなかった」が、「このままでいいのか」との思いが芽生え10年に川坂地区の住民10人で会を結成。会員は約20人に増えた。

この記事は有料記事です。

残り561文字(全文1031文字)

あわせて読みたい

マイページでフォローする

この記事の特集・連載
すべて見る

ニュース特集