連載

なるほドリ

ニュースの背景や素朴な疑問を「なるほドリ」が質問。担当記者がQ&Aでわかりやすく答えます。

連載一覧

なるほドリ

ディープフェイク、悪い事ばかり? 文化・芸術で可能性秘め 故人の「新作」も誕生=回答・渡辺諒

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
AIを使って合成した世の中に存在しない人の顔=学術論文「A Style-Based Generator Architecture for Generative Adversarial Networks」より
AIを使って合成した世の中に存在しない人の顔=学術論文「A Style-Based Generator Architecture for Generative Adversarial Networks」より

 なるほドリ ディープフェイクって、どうやって作るの?

 記者 人間の脳の働きをコンピューター上で模倣(もほう)した「ニューラルネットワーク」(神経回路網(しんけいかいろもう))を持つ人工知能(AI)に大量のデータを学習させて作らせます。偽物(にせもの)の顔画像などを作るAIと、それを見破るAIを戦わせることで技術が格段に進化しました。

この記事は有料記事です。

残り549文字(全文717文字)

あわせて読みたい

マイページでフォローする

この記事の特集・連載
すべて見る

ニュース特集