特集

アフガン政権崩壊

イスラム主義組織タリバンが2021年8月15日、首都カブールを制圧し、勝利宣言。ガニ政権が崩壊しました。

特集一覧

タリバンの支配下で

遠い融和と統合 実感したタリバンと向き合うことの難しさ

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
世界食糧計画(WFP)の配給会場を警備するタリバンの兵士=アフガニスタンの首都カブールで2021年12月初旬、松井聡撮影
世界食糧計画(WFP)の配給会場を警備するタリバンの兵士=アフガニスタンの首都カブールで2021年12月初旬、松井聡撮影

 アフガニスタンでイスラム主義組織タリバンが20年ぶりに復権してから約4カ月後の2021年11月末~12月初旬、私は首都カブールに入り、政変に翻弄(ほんろう)される人々に話を聞き「タリバンの支配下で」として記事にまとめた。そこに盛り込めなかった取材時の生々しいやり取りなどを紹介する今回の「特別編」後編では、漏れ聞こえてきたタリバンの最高指導者アクンザダ師の言葉や、そこから浮かび上がるタリバンとの向き合い方の難しさなどをお伝えする。

外国メディアへの取材規制はほぼなし

 タリバンは旧政権時代(1996~01年)、強権的な統治手法が知れ渡り、批判を浴びて国際社会で孤立して困窮した「苦い経験」がある。当時アフガンで取材した経験のあるパキスタン人記者によると「通訳」として事実上の監視役が付くこともあったという。

 ところが今回の約1週間のカブール取材で、タ…

この記事は有料記事です。

残り2212文字(全文2588文字)

【アフガン政権崩壊】

時系列で見る

関連記事

あわせて読みたい

マイページでフォローする

この記事の筆者
すべて見る

ニュース特集