疾走する列車にネコパンチ! 14匹の猫がくつろぐジオラマ食堂

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
鉄道ジオラマの中でくつろぐ猫たち=大阪市天王寺区で2021年12月7日、菱田諭士撮影
鉄道ジオラマの中でくつろぐ猫たち=大阪市天王寺区で2021年12月7日、菱田諭士撮影

 のどかな田園風景を横切るローカル線。そこへふいに巨大な猫が姿を現すと、疾走する列車にネコパンチをお見舞いする――。

 怪獣映画さながらの光景が「インスタ映えする」と人気を集めているのが「ジオラマ食堂」(大阪市天王寺区寺田町2)。約65平方メートルの店内を埋める鉄道模型のジオラマが自慢の食堂だ。ただし、店内では14匹の猫たちが暮らす。線路に座り込み、鉄橋に顔を乗せてひと休み。山の間でぐっすり眠っていたかと思うと、のっそりと起き上がってホームの屋根をたたき飛ばす。我が物顔にくつろぐ姿に…

この記事は有料記事です。

残り365文字(全文608文字)

関連記事

あわせて読みたい

ニュース特集