連載

オシント新時代・荒れる情報の海

毎日新聞デジタルの「オシント新時代・荒れる情報の海」ページです。最新のニュース、記事をまとめています。

連載一覧

オシント新時代・荒れる情報の海

/5 医療デマ、SNS攻防(その2止) 24歳、接種ためらい後悔 デマにほんろうされ

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
ワクチン接種をためらった後、今は受けることを検討している男性=大阪市北区で2021年12月9日、梅田麻衣子撮影
ワクチン接種をためらった後、今は受けることを検討している男性=大阪市北区で2021年12月9日、梅田麻衣子撮影

 

 赤く腫れ上がった上腕部。その画像が今も脳裏に焼き付いている。大阪市の会社員男性(24)がそれをツイッターで目にしたのは2021年の春ごろ。投稿は新型コロナウイルスのワクチン接種後の「副反応」と説明されていた。男性はかつて医薬品によるアレルギー症状で入院したことを思い出し、急に怖くなった。「自分もひどい副反応が出るのではないか」

 ツイッターで情報を集め続けた。目に付くのはワクチンの危険性を訴える投稿ばかり。看護師を名乗るアカウントは「ワクチンで症状が出ても病院が隠している」とつぶやいていた。「看護師が言うことなら」と信じた。

この記事は有料記事です。

残り2507文字(全文2773文字)

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

ニュース特集