新型コロナ 三が日の参拝、増加 熱田神宮 20年と同水準

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷

 新型コロナウイルスの感染拡大が収束しない中で迎えた2022年の正月三が日、各地の寺社を訪れた参拝客は同じくコロナ下にあった21年から増加傾向となった。場所によっては、コロナ以前の20年に迫る人出となったとみられるところもあった。

 携帯電話の位置情報から滞在人口を推定するソフトバンク子会社「アグープ」のデータを基に正月三が日の人出の平均を調べたところ、明治神宮(東京都…

この記事は有料記事です。

残り279文字(全文464文字)

あわせて読みたい

ニュース特集