特集

新型コロナウイルス

新型コロナウイルスのニュース、国内での感染状況を報告します。

特集一覧

米軍基地中心に忍び寄る「第6波」 専門家が予想する新たな局面

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
キャンプ・ハンセン前の飲食店街を行き交う米軍関係者ら=沖縄県金武町で2021年12月24日午後5時23分、喜屋武真之介撮影
キャンプ・ハンセン前の飲食店街を行き交う米軍関係者ら=沖縄県金武町で2021年12月24日午後5時23分、喜屋武真之介撮影

 沖縄県で5日、新型コロナウイルスの新規感染者が623人確認された。沖縄に緊急事態宣言が出ていた昨年8月下旬以来の水準。思いもよらない急拡大で全国に衝撃が広がった。米軍基地を中心に感染が広がっているとみられ、沖縄と往来がある市民や基地周辺の住民から怒りの声が上がった。他の県でも変異株「オミクロン株」への感染が確認され、忍び寄る「第6波」の影に自治体関係者は神経をとがらせる。

 那覇空港との直行便がある福岡空港。那覇市の自宅から大分市の単身赴任先に向かう途中で空港を利用した男性会社員(54)は怒り心頭だった。「沖縄では基地外でもマスクを着けない米軍関係者が多いので、感染拡大は当たり前。国はしっかり対応してほしい。勤務先に迷惑をかけられないので、出社前にPCR検査を済ませたい」

この記事は有料記事です。

残り785文字(全文1125文字)

【新型コロナウイルス】

時系列で見る

関連記事

あわせて読みたい

マイページでフォローする

この記事の特集・連載
すべて見る

ニュース特集