トラに襲われた飼育員 1人は右手失う重傷 那須サファリパーク

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
飼育員3人を襲ったベンガルトラの「ボルタ」=那須サファリパーク提供
飼育員3人を襲ったベンガルトラの「ボルタ」=那須サファリパーク提供

 5日午前8時半ごろ、栃木県那須町の「那須サファリパーク」から「飼育員がトラに襲われた」と119番があった。20代の男女計3人の飼育員がトラに頭や腕をかまれるなどして負傷し、緊急搬送された。女性1人は右手首から先を失う重傷という。

 県警那須塩原署や同園によると、負傷したのは26歳と22歳の女性、24歳の男性。飼育担当の26歳の女性がトラを屋外の展示スペースに出す準備作業中、獣舎と屋外をつなぐ通路でトラ1頭と鉢合わせし襲われたという。叫び声を聞いて駆けつけた2人も相次いで襲われた。

飼育員がトラに襲われた那須サファリパーク=栃木県那須町で2022年1月5日午後4時2分、鴨田玲奈撮影
飼育員がトラに襲われた那須サファリパーク=栃木県那須町で2022年1月5日午後4時2分、鴨田玲奈撮影

 同園は取材に対し、前日の閉園後、トラが獣舎に戻ったかどうかを確認せず獣舎を施錠した疑いがあり、トラが通路に出たままになっていた可能性があると説明した。前日の担当飼育員は「外から通路まで戻ってきた様子は確認したが、獣舎に入ったかは分からない」と話しているという。

 襲ったのは11歳のベンガルトラの雄「ボルタ」。体長は約2メートル、体重は150~160キロ。現在は獣医によって麻酔銃を撃たれている。

 同園では、1997年と2000年にも飼育員がライオンに襲われる事故が発生しており、葛原直人支配人(46)は「飼育員の回復を願っている。徹底した原因究明をし、二度とこういう事故が起きないように万全の対策を取っていきたい」と述べた。事故を受け、同園はしばらく臨時休園するという。【鴨田玲奈】

あわせて読みたい

ニュース特集