特集

第101回全国高校ラグビー

第101回全国高校ラグビー大会(12月27日~1月8日)の特集ページです。

特集一覧

桐蔭学園3連覇逃す 国学院栃木の勢いに屈し 全国高校ラグビー

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
【国学院栃木-桐蔭学園】前半、桐蔭学園が突進=東大阪市花園ラグビー場で2022年1月5日、藤井達也撮影
【国学院栃木-桐蔭学園】前半、桐蔭学園が突進=東大阪市花園ラグビー場で2022年1月5日、藤井達也撮影

 第101回全国高校ラグビー大会は5日、準決勝があり、桐蔭学園(神奈川)は国学院栃木に10-21で敗れ、史上6校目の3連覇を逃した。

 前評判では優位と見られながら、初の4強入りを果たした国学院栃木の勢いの前に屈した。前半からボールを保持して攻撃を続ける「継続ラグビー」が、集散の速い相手FW陣に阻まれ、リズムを失った。相手のスピード豊かなバックスに防御線を鮮やかに破られ、前半だけで18失点。13点を追う苦しい展開で折り返した。

 新型コロナウイルスの感染拡大の影響で、練習時間や対外試合が大幅に制限されて迎えた今大会。展開ラグビーが持ち味の桐蔭学園にとって、連係面での不安は大きかった。

この記事は有料記事です。

残り356文字(全文649文字)

関連記事

あわせて読みたい

マイページでフォローする

この記事の特集・連載
すべて見る

ニュース特集