特集

第101回全国高校ラグビー

第101回全国高校ラグビー大会(12月27日~1月8日)の特集ページです。

特集一覧

東福岡、またも準決勝敗退 常勝軍団が直面した壁 高校ラグビー

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
【東海大大阪仰星-東福岡】前半、ゴール前ラインアウトから東福岡がモールを作り、西野がトライ=東大阪市花園ラグビー場で2022年1月5日、藤井達也撮影
【東海大大阪仰星-東福岡】前半、ゴール前ラインアウトから東福岡がモールを作り、西野がトライ=東大阪市花園ラグビー場で2022年1月5日、藤井達也撮影

 第101回全国高校ラグビー大会は5日、準決勝があり、東福岡は東海大大阪仰星(大阪第2)に22―42で敗れ、決勝進出はならなかった。

 またも準決勝の壁にはね返された。相手の圧力をはね返せず、20点差をつけられて敗戦。藤田監督は「完敗」と力負けを認めた。

 最高の立ち上がりだった。3回戦、準々決勝と2試合続けて先制を許した反省から、開始から果敢に攻めた。キックオフのボールをつかむと、バックス陣を中心に流れるようなパスを披露。最後はFB石原が左隅へトライを決めた。開始から20秒あまりでの先制。5分にもFWが強さを…

この記事は有料記事です。

残り386文字(全文642文字)

関連記事

あわせて読みたい

マイページでフォローする

この記事の特集・連載
すべて見る

ニュース特集