特集

第101回全国高校ラグビー

第101回全国高校ラグビー大会(12月27日~1月8日)の特集ページです。

特集一覧

「無冠」で臨んだ王者・桐蔭学園 主将の夢は次代に 高校ラグビー

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
【国学院栃木-桐蔭学園】グラウンドに立つ桐蔭学園の中島潤一郎主将=東大阪市花園ラグビー場で2022年1月5日、藤井達也撮影
【国学院栃木-桐蔭学園】グラウンドに立つ桐蔭学園の中島潤一郎主将=東大阪市花園ラグビー場で2022年1月5日、藤井達也撮影

 「これまで生きてきた18年間で、一番濃い1年だった」。5日にあった第101回全国高校ラグビー大会の準決勝。3連覇への道を国学院栃木に阻まれた桐蔭学園(神奈川)のフランカー、中島潤一郎主将(3年)は試合終了後、声を震わせながら言い切った。

 大きなプレッシャーを抱えながらのスタートだった。連覇を果たした先輩たちに比べ、チームは体格的にスケールダウン。自らは春の全国選抜大会を前に右膝を故障して戦線離脱し、チームも決勝で東福岡に敗れた。6月の関東大会、7月の7人制大会も頂点に届かず涙をのむ。主将としてチームに貢献できていないと感じる焦り。新型コロナウイルスの影響で練習時間は短縮、対外試合も自粛となり、経験の少なさも相まって苦悩の日々が続いた。

 そんな中、OBが助けてくれた。歴代キャプテンらとウェブ会議システムZoom(ズーム)でつながり、チーム作りのノウハウを教わった。グラウンドにも来てもらって指導を受け、チームは確実に成長していった。自身もロック小椋健介選手(3年)ら3人の副将らと連日ミーティングを重ね、チームを導こうと奔走した。

この記事は有料記事です。

残り679文字(全文1149文字)

関連記事

あわせて読みたい

マイページでフォローする

この記事の特集・連載
すべて見る

ニュース特集