特集

第101回全国高校ラグビー

第101回全国高校ラグビー大会(12月27日~1月8日)の特集ページです。

特集一覧

コネクト

君たちはなぜ走るのか 「自由と根性」の常翔学園 高校ラグビー

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
淀川河川敷のグラウンドでランパスをする常翔学園の笛木健太(右から2人目)らFWの選手たち=大阪市で2021年12月14日午後3時17分、石川裕士撮影
淀川河川敷のグラウンドでランパスをする常翔学園の笛木健太(右から2人目)らFWの選手たち=大阪市で2021年12月14日午後3時17分、石川裕士撮影

 未来の後輩たちへ、花園で伝えたいことがあった。第101回全国高校ラグビー大会で史上3校目の通算100勝を達成した常翔学園(大阪第1)。スタンドオフ(SO)の仲間航太(3年)が選手たちの思いを代弁する。

 「『常翔は自由にラグビーができない、しんどいだけの昔のチームや』みたいなイメージがあるかもしれない。でも、それは全然違う」。試合を通じて、そう訴えたかったという。

この記事は有料記事です。

残り1647文字(全文1830文字)

関連記事

あわせて読みたい

マイページでフォローする

この記事の筆者
すべて見る

ニュース特集