連載

往復食簡

「伝説の家政婦」タサン志麻さんと、和食店「賛否両論」の店主・笠原将弘さんがレシピを披露。料理のポイントを紹介します。

連載一覧

往復食簡

タサン志麻さんのレシピ トマトとチーズの洋風すき焼き

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
トマトとチーズの洋風すき焼き=尾籠章裕撮影
トマトとチーズの洋風すき焼き=尾籠章裕撮影

肉のうまみを逃がさない

テーマは「ごちそう鍋」

 笠原さん、読者の皆様、明けましておめでとうございます。今年も「これ作りたい‼ 食べたい‼」と思っていただけるレシピをたくさんご紹介いたします。お付き合いのほど、よろしくお願いいたします。

 年の初めに、目先の少し変わったすき焼きはいかがでしょう。トマトとチーズを加え、洋風にアレンジしてみました。といっても、ベースの味はしょうゆ、砂糖、みりんといった「和」の調味料ですから、お年寄りからお子さんまでみんなで楽しめます。

 最初に鍋で肉をサッと焼くと香ばしさとコクがアップします。焼いた肉は取り出さずに端によけ、次の肉を焼きます。肉のうまみが全て鍋に残るようにするのがポイントです。

 タマネギとマッシュルーム、調味料は同じタイミングで入れます。クレソンやトマトはフレッシュな感じを残したいので最後に。トマトの酸味が加わることで、すき焼きの甘みがほどよく中和され、飽きのこない味になります。チーズはカマンベールを使いましたが、あっさりしたモッツァレラもお薦めです。

 彩りも美しいすき焼きは、新年の食卓にピッタリですよ。

材料

(2人前)

牛薄切り肉(すき焼き用) 200グラム

トマト 中2個

カマンベールチーズ 1個(約90グラム)

マッシュルーム 2パック

クレソン 2束

タマネギ 1個

オリーブ油 大さじ1

A 酒 100㏄

 しょうゆ 100㏄

 みりん 100㏄

 砂糖 大さじ1

作り方

❶タマネギは縦四つ割りにし、寝かせて繊維を断ちきるように1センチ幅に切る。マッシュルームは石突きを取って縦二つに切る。

❷鍋に油をひき、肉を強火で色が変わる程度にさっと焼く。

❸①とAを加え、フタをして中~強火で火を通す。

❹タマネギが軟らかくなったら、ざく切りにしたクレソン、一口大に切ったトマトとカマンベールチーズを加えて、さっと火を通す。

(1人前918キロカロリー)

有料会員の方は以下からレシピをダウンロードできます。

<レシピはこちらから…

この記事は有料記事です。

残り48文字(全文872文字)

あわせて読みたい

マイページでフォローする

この記事の特集・連載
すべて見る

ニュース特集