ポスト「民主主義」の世界

米国編/1(その1) 米連邦議会襲撃1年 「選挙盗まれた」信じ

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
コウイ・グリフィンさん=グリフィンさん提供の動画から
コウイ・グリフィンさん=グリフィンさん提供の動画から

 2021年1月6日、首都ワシントン。米国の民主主義の象徴である連邦議会の議事堂前に数千人の声が響いていた。「ウイ・ザ・ピープル(我ら人民)」。それは、1787年に制定された合衆国憲法の前文最初の言葉だ。カウボーイハットをかぶり議事堂のテラスによじ登ったコウイ・グリフィンさん(48)は、群衆を見渡し叫んだ。

 「人々はもう、うんざりなんだ。引き下がるつもりはない」

この記事は有料記事です。

残り1171文字(全文1353文字)

あわせて読みたい

ニュース特集