パソナ、メタバース参入へ 代表「仮想空間で新たな働き方創出」

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
パソナグループの南部靖之代表=東京都千代田区で2022年1月7日、小出洋平撮影
パソナグループの南部靖之代表=東京都千代田区で2022年1月7日、小出洋平撮影

 人材派遣大手パソナグループの南部靖之代表は7日、毎日新聞のインタビューに応じ、オンラインの仮想現実空間「メタバース」の関連事業に参入する考えを示した。今春、社内外から専門技術を持った人材を集めたチームを立ち上げる。仮想空間を活用した新たな雇用のあり方を創出する狙いだという。

 南部氏はメタバースについて「老若男女が平等な空間で格差がない。年齢や障害の有無などに関係なく、いろいろな人が働きやすく、新しい雇用手段を創出できる」と強調。同社は働き方改革や災害への備えとして、本社機能の一部を東京から兵庫県・淡路島へ移転する計画を実行しているが、「メタバース上で営業もできるし、副…

この記事は有料記事です。

残り432文字(全文720文字)

あわせて読みたい

ニュース特集