特集

先週のピックアップ

日曜朝刊「先週のピックアップ」で取り上げた記事をまとめています。

特集一覧

虎ファン「帰れコール」後に 甲子園の「聖地」で起きた乱闘の顚末

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
阪神、巨人の両ファンによる乱闘の様子=兵庫県西宮市の阪神甲子園球場で2021年7月9日午後7時15分ごろ(読者提供)
阪神、巨人の両ファンによる乱闘の様子=兵庫県西宮市の阪神甲子園球場で2021年7月9日午後7時15分ごろ(読者提供)

 阪神甲子園球場に「聖地」と呼ばれる場所がある。プロ野球・阪神のファンで埋め尽くされるライトスタンドだ。そこで昨シーズン、一部のファンが観客に「帰れコール」を浴びせた。そこから観客同士の乱闘騒ぎに発展し、関係者に刑罰が科され、応援ルールの変更にまで至った。事件の顚末(てんまつ)は何だったのか。これからの応援の在り方を考えるためにも、当事者の証言を交えて振り返りたい。

試合開始後の異変

 2021年7月9日、兵庫県西宮市。甲子園のスタンドは阪神カラーの黄色で染まっていた。この日、甲子園を本拠地とする阪神は巨人と激突した。阪神は当時セ・リーグ首位。対する巨人も2・5ゲーム差で追う2位で、大事な首位攻防戦だった。新型コロナウイルス禍で入場制限があったものの、約1万7000人の観客が駆け付けた。

 午後6時。降っていた雨はやみ、阪神の先発・秋山拓巳が投じたストレートで試合の幕が開けた。プレーに一喜一憂する多くのファンをよそに、観客席で異変が起こる。震源地はライトスタンド。多数の虎党が陣取ることから阪神ファンの間で聖地と扱われる場所だ。

 その右翼ポール付近で観戦していた1人の巨人ファンが、周囲の阪神ファンともめ始めた。阪神ファンから「どっか行け」との声が飛び、「帰れ、帰れ」と小さな合唱も起きる。駆け付けた警備員に巨人ファンが別の場所へ連れて行かれ、阪神ファンから拍手が起きた。

 異変は波及した。ライトスタンドの別の場所で、巨人のユニホームを着た観客3人から「何で追い出すねん」と声が上がった。「ここは甲子園や。レフト側に行け」と阪神ファンも応戦する。阪神ファンが「出て行け」と言えば、巨人ファンが「弱い阪神が何言うとんねん」と返す。一触即発の空気が醸成されたまま試合は進んだ。

挑発が激化、乱…

この記事は有料記事です。

残り1886文字(全文2623文字)

あわせて読みたい

マイページでフォローする

この記事の特集・連載
すべて見る
この記事の筆者
すべて見る

ニュース特集