IR住民投票条例の制定求め署名提出 和歌山市長に2万人分

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
和歌山市役所=木原真希撮影
和歌山市役所=木原真希撮影

 和歌山県が誘致を進めているカジノを含む統合型リゾート(IR)を巡り、和歌山市の市民団体「カジノ誘致の是非を問う和歌山市民の会」は7日、2万39人分の署名とともに、住民投票条例の制定を求める書面を尾花正啓市長に提出した。有効署名数は有権者数の約6・5%で、直接請求に必要な50分の1の3倍超に達した。

 県は「クレアベストニームベンチャーズ」…

この記事は有料記事です。

残り196文字(全文366文字)

関連記事

あわせて読みたい

ニュース特集