特集

第101回全国高校ラグビー

第101回全国高校ラグビー大会(12月27日~1月8日)の特集ページです。

特集一覧

個の力の東海大大阪仰星か、勢いの国学院栃木か 高校ラグビー決勝

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
【東海大大阪仰星-東福岡】後半、東海大大阪仰星の楠田(中央)がゴール直前まで突進する=東大阪市花園ラグビー場で2022年1月5日、滝川大貴撮影
【東海大大阪仰星-東福岡】後半、東海大大阪仰星の楠田(中央)がゴール直前まで突進する=東大阪市花園ラグビー場で2022年1月5日、滝川大貴撮影

 第101回全国高校ラグビー大会は8日午後2時5分から、東大阪市花園ラグビー場で決勝が行われる。Aシードの東海大大阪仰星(大阪第2)は4大会ぶり6回目の優勝を目指し、Bシードの国学院栃木は初の決勝で頂点を狙う。決勝を展望する。

 互いに防御に自信を持つだけに、密集でのボール争奪戦の優劣が勝敗を左右しそうだ。「個」の力や大舞台の経験値では高校日本代表候補6人を擁する東海大大阪仰星に分があるが、代表候補は不在でも初の4強入りから一気に決勝へ駒を進めた国学院栃木の勢いは計り知れない。両校は第91回(2011年度)の準々決勝で対…

この記事は有料記事です。

残り394文字(全文656文字)

関連記事

あわせて読みたい

マイページでフォローする

この記事の特集・連載
すべて見る

ニュース特集