特集

第101回全国高校ラグビー

第101回全国高校ラグビー大会(12月27日~1月8日)の特集ページです。

特集一覧

「夢の舞台」東海大大阪仰星と国学院栃木が決勝 全国高校ラグビー

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
【東海大大阪仰星-東福岡】前半、東海大大阪仰星の薄田(右)がタックルに負けず、突進する=東大阪市花園ラグビー場で2022年1月5日、小松雄介撮影
【東海大大阪仰星-東福岡】前半、東海大大阪仰星の薄田(右)がタックルに負けず、突進する=東大阪市花園ラグビー場で2022年1月5日、小松雄介撮影

 第101回全国高校ラグビー大会は8日午後2時5分から、東大阪市花園ラグビー場で決勝が行われる。Aシードの東海大大阪仰星(大阪第2)は4大会ぶり6回目の優勝を目指す。Bシードの国学院栃木は初の決勝で頂点を狙う。

 東海大大阪仰星の湯浅大智監督は「ポテンシャルのある選手たちが、自分たちで考えながら育っている」と手応えを語る。準決勝では組織防御が機能して東福岡を寄せ付けず、決勝に向けても「積み木を一つずつ積み重ねるように基本を丁寧…

この記事は有料記事です。

残り323文字(全文537文字)

関連記事

あわせて読みたい

マイページでフォローする

この記事の特集・連載
すべて見る

ニュース特集