特集

ヤングケアラー

通学や仕事をしながら家族の介護をする子ども「ヤングケアラー」。将来が左右される深刻なケースも。

特集一覧

県内にもヤングケアラー 県が学校と連携し支援へ アンケート 孤立浮き彫りに /鳥取

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷

 県による児童生徒へのアンケートで、日常的に家族の介護や世話を担う子ども「ヤングケアラー」が県内にもいることが判明した。有効回答(1201人)のうち、28人がヤングケアラーに該当すると答えた。常態化する家族へのケアは表面化しにくく、県は学校などと連携して支援体制を充実させる方針だ。【平川哲也】

 2021年7月に実施した5年に1度の県青少年育成意識調査に関連の質問を加え、無作為抽出した小5、中2、高2の児童生徒に選択式で尋ねた。「ヤングケアラーに当てはまるか、過去に当てはまっていた」と答えたのは、小5(有効回答382人)が7人▽中2が8人(同410人)▽高2が13人(同40…

この記事は有料記事です。

残り435文字(全文724文字)

【ヤングケアラー】

時系列で見る

あわせて読みたい

マイページでフォローする

この記事の特集・連載
すべて見る

ニュース特集