特集

第101回全国高校ラグビー

第101回全国高校ラグビー大会(12月27日~1月8日)の特集ページです。

特集一覧

国学院栃木、次こそ大金星 看板の防御、機能せず 高校ラグビー

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
【東海大大阪仰星-国学院栃木】前半、ラインアウトから国学院栃木がモールで押し込み吉田がトライ=東大阪市花園ラグビー場で2022年1月8日、山崎一輝撮影
【東海大大阪仰星-国学院栃木】前半、ラインアウトから国学院栃木がモールで押し込み吉田がトライ=東大阪市花園ラグビー場で2022年1月8日、山崎一輝撮影

 第101回全国高校ラグビー大会は8日、決勝があり、国学院栃木は東海大大阪仰星(大阪第2)に敗れ、初優勝はならなかった。

 一気に頂点へ駆け上がることはできなかった。国学院栃木を率いて34年目の吉岡監督は「涙を流す必要はない。道筋を作ってくれた」と、いつも通りの野太い声で選手をたたえた。

 本領を発揮したのは前半22分のアタックだった。相手ゴール前のラインアウトからモールを形成し、勢いよく押し込んだ。東海大大阪仰星の防御をものともせず、最後はフッカー吉田がトライ。1年間磨き上げてきたモールが生き、吉田は「やってきたことは間違い…

この記事は有料記事です。

残り397文字(全文661文字)

関連記事

あわせて読みたい

マイページでフォローする

この記事の特集・連載
すべて見る

ニュース特集