特集

第101回全国高校ラグビー

第101回全国高校ラグビー大会(12月27日~1月8日)の特集ページです。

特集一覧

東海大大阪仰星、モール攻撃に込めた三つの意味 全国高校ラグビーV

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
【東海大大阪仰星-国学院栃木】後半、東海大大阪仰星がモールで押し込み奥平がトライ=東大阪市花園ラグビー場で2022年1月8日、山崎一輝撮影
【東海大大阪仰星-国学院栃木】後半、東海大大阪仰星がモールで押し込み奥平がトライ=東大阪市花園ラグビー場で2022年1月8日、山崎一輝撮影

 第101回全国高校ラグビー大会は8日、東大阪市花園ラグビー場で決勝があり、東海大大阪仰星(大阪第2)が国学院栃木を36―5で降し、4大会ぶり6回目の優勝を果たした。

 僕たちは「展開」だけじゃない。そう言わんばかりの攻撃だった。15―5で迎えた後半20分、東海大大阪仰星がドライビングモールで奪ったトライに、チームの意思が垣間見えた。

 相手陣22メートルでのマイボールラインアウトからモールを作り、選手たちは力強く前進した。そのまま押し切り、最後はロック奥平がトライ。主将のNO8薄田は「今大会はモールでトライをとるシーンがなかった。1本取ることを意識した」と拳を握った。

 モール攻撃には三つの意味があった。薄田は「一番ミスが少なく、攻撃に…

この記事は有料記事です。

残り261文字(全文581文字)

関連記事

あわせて読みたい

マイページでフォローする

この記事の特集・連載
すべて見る

ニュース特集