特集

第101回全国高校ラグビー

第101回全国高校ラグビー大会(12月27日~1月8日)の特集ページです。

特集一覧

東海大大阪仰星、勢い呼ぶ吉本の「50:22キック」 高校ラグビー

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
【東海大大阪仰星-国学院栃木】後半、キックをする東海大大阪仰星の吉本=東大阪市花園ラグビー場で2022年1月8日、藤井達也撮影
【東海大大阪仰星-国学院栃木】後半、キックをする東海大大阪仰星の吉本=東大阪市花園ラグビー場で2022年1月8日、藤井達也撮影

 第101回全国高校ラグビー大会は8日、決勝があり、東海大大阪仰星(大阪第2)はSO吉本大悟(3年)のキックで好機を広げ、国学院栃木を36―5で降し、4大会ぶり6回目の優勝を果たした。

 初の決勝で頂点をうかがう相手の勢いを、鋭いキックでそぎ取った。

 5点リードの前半10分、ハーフウエーライン手前のスクラムから出たボールを、スクリュー回転をかけてキック。ボールは相手22メートルライン内で弾み、タッチラインの外に出た。

 新ルール「50:22(フィフティー・トゥエンティーツー)」により、東海大大阪仰星ボールのラインアウトで再開となり、大きくエリアを回復した。6分後にも、やはり「50:22」キックを決め、「ラインの裏を突いて相手に圧力をかけていこうと思った」と明かす。

この記事は有料記事です。

残り301文字(全文635文字)

関連記事

あわせて読みたい

マイページでフォローする

この記事の特集・連載
すべて見る

ニュース特集