特集

第101回全国高校ラグビー

第101回全国高校ラグビー大会(12月27日~1月8日)の特集ページです。

特集一覧

力出し切れず再起誓う 国学院栃木・伊藤龍之介 全国高校ラグビー

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
【東海大大阪仰星-国学院栃木】後半、突進する国学院栃木の伊藤龍=東大阪市花園ラグビー場で2022年1月8日、藤井達也撮影
【東海大大阪仰星-国学院栃木】後半、突進する国学院栃木の伊藤龍=東大阪市花園ラグビー場で2022年1月8日、藤井達也撮影

 第101回全国高校ラグビー大会は8日、東大阪市花園ラグビー場で決勝があり、国学院栃木はスタンドオフ(SO)伊藤龍之介(2年)が奮闘しながらも東海大大阪仰星(大阪第2)に5―36で敗れた。

 快進撃を支えた攻撃センスも決勝では通用しなかった。「今までの舞台とは雰囲気が違った」。独特のプレッシャーを感じた。

 流れを変えるチャンスはあった。10点を追う後半11分、一緒に得点の好機を生んできたFB青柳がけがで退くと、無念の思いを引き継ぐかのようにフィフティーンは相手陣に向けて前進。ゴール前5メートル付近に迫った。しかし、最後は東海大大阪仰星の防御を破れず、トライできなかった。「(チャンスでトライを)取り切らせてくれない仰星のディフェンス力は見習っていかなければいけない」

この記事は有料記事です。

残り225文字(全文560文字)

関連記事

あわせて読みたい

マイページでフォローする

この記事の特集・連載
すべて見る

ニュース特集