日立のイトーヨーカドー閉店へ コロナ直撃、にぎわい創出に痛手

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
16日に閉店するイトーヨーカドー日立店=茨城県日立市幸町で2022年1月8日午後3時30分、田内隆弘撮影
16日に閉店するイトーヨーカドー日立店=茨城県日立市幸町で2022年1月8日午後3時30分、田内隆弘撮影

 茨城県のJR日立駅前の商業施設「イトーヨーカドー日立店」が16日、閉店する。1991年10月のオープン以来地域ににぎわいを生んできた大型店の撤退は、新型コロナウイルス禍の影響で冷え込む地域経済にさらなる打撃を与えかねない。今後の見通しが不透明な中、日立市や商店会は対策を進めている。【田内隆弘】

 ヨーカドー前の通りで8日、イベント「at・キャラバン~ありがとうヨーカドー さよならヨーカドー~」が開かれた。ミニライブやフリーマーケットのほか、「思い出写真館」と題し、かつての周辺のにぎわいを撮影した写真も展示。訪れた人たちは「この頃はずいぶんにぎやかだった」などと思い出話に花を咲かせていた。

 イベントは地元店主や福祉団体などでつくる実行委員会が、福祉への理解促進や地域商店会の活性化などを目指して2017年から毎年ヨーカドー前で開いてきた。新型コロナウイルスの感染拡大を受けて20、21年は見合わせたが、閉店を前に久々の開催にこぎつけた。

この記事は有料記事です。

残り623文字(全文1044文字)

あわせて読みたい

ニュース特集