特集

第101回全国高校ラグビー

第101回全国高校ラグビー大会(12月27日~1月8日)の特集ページです。

特集一覧

コネクト

監督と選手は「銀友達」 国学院栃木、哀歓の準V 高校ラグビー

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
【東海大大阪仰星-国学院栃木】グラウンドの選手を見つめる国学院栃木の吉岡肇監督=東大阪市花園ラグビー場で2022年1月8日、滝川大貴撮影
【東海大大阪仰星-国学院栃木】グラウンドの選手を見つめる国学院栃木の吉岡肇監督=東大阪市花園ラグビー場で2022年1月8日、滝川大貴撮影

 感傷的なだけで終わらない。第101回全国高校ラグビー大会の決勝(8日)で、国学院栃木は東海大大阪仰星(大阪第2)に敗戦。試合後、選手をねぎらい、励ました吉岡肇監督(60)は、少し楽しげに教え子たちとの絆を強調した。

 「銀で終わっちゃったけど、一緒なので愛着ありますよ。金に越したことはないけど、『こいつら、友達』的な感じ。『銀友達』になりましたからね。これから『銀友達』同士で握手をします」

 豪快で痛快な、いつもの吉岡節だった。自身も高校3年時は花園で準優勝。40年あまりを経て、監督と選手が銀色の輝きでつながりを深めた大会だった。

この記事は有料記事です。

残り1287文字(全文1554文字)

関連記事

あわせて読みたい

マイページでフォローする

この記事の筆者
すべて見る

ニュース特集