「いじめ加害者、出席停止に」中学教員の45%

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷

 学校教育法で規定された児童生徒の出席停止措置に関し、中学校教員の45.8%が「いじめの加害者を出席停止にすべきだ」と考えていることが、任意団体「いじめ構造変革プラットフォーム」の調査で分かった。

 文部科学省によると、2020年度にいじめを理由とした公立中学校での出席停止は全国で1件、公立小ではゼロ…

この記事は有料記事です。

残り169文字(全文319文字)

あわせて読みたい

ニュース特集