濱口竜介監督「ドライブ・マイ・カー」にゴールデン・グローブ賞

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
濱口竜介監督
濱口竜介監督

 米アカデミー賞の前哨戦の一つに位置付けられる第79回ゴールデン・グローブ賞(GG賞、ハリウッド外国人記者協会主催)の授賞式が9日開かれ、非英語映画賞(旧外国語映画賞)に濱口竜介監督の「ドライブ・マイ・カー」が選ばれた。日本作品の受賞は1960年の「鍵」(市川崑監督)の外国語映画賞以来62年ぶり。3月の第94回アカデミー賞の国際長編映画賞にもノミネートされる可能性があり、今回の受賞で弾みがつきそうだ。

 ドライブ・マイ・カーは村上春樹さんの短編小説が原作。妻を亡くした演出家(西島秀俊さん)が、専属運転手となった女性(三浦透子さん)らとの対話を重ね、妻の死と向き合う姿を描いた。昨年7月の仏カンヌ国際映画祭で脚本賞を受賞。米国でも全米映画批評家協会賞で作品賞を含む4冠に輝くなど受賞ラッシュとなっている。

この記事は有料記事です。

残り474文字(全文827文字)

あわせて読みたい

ニュース特集