西九州新幹線「かもめ」、歓声のなか陸送 ファンら未明に待機

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
大勢の人が待ち受ける中、トレーラーに引かれて交差点を右折する西九州新幹線「かもめ」=長崎県東彼杵町で2022年1月10日午前1時29分、綿貫洋撮影
大勢の人が待ち受ける中、トレーラーに引かれて交差点を右折する西九州新幹線「かもめ」=長崎県東彼杵町で2022年1月10日午前1時29分、綿貫洋撮影

 今年秋に開業する九州新幹線長崎ルート(西九州新幹線、武雄温泉―長崎)の新車両「かもめ」(N700S)が10日未明、陸揚げされた長崎県川棚町の川棚港から同県大村市のJR九州大村車両基地へ大型トレーラーで運ばれた。

 新車両は日立製作所笠戸事業所(山口県下松市)で製造され、一両の長さは25~27メートル…

この記事は有料記事です。

残り143文字(全文293文字)

あわせて読みたい

ニュース特集