特集

ウクライナ侵攻

ロシア軍がウクライナに侵攻。米欧や日本は対露制裁を決めるなど対立が先鋭化しています。

特集一覧

米、ロシアにミサイル配備制限提案 ウクライナ緊張緩和へ戦略対話

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
ウクライナと隣接するロシア南部ロストフ州で訓練に参加するロシア軍=2021年12月14日、AP
ウクライナと隣接するロシア南部ロストフ州で訓練に参加するロシア軍=2021年12月14日、AP

 シャーマン米国務副長官は10日、米露の「戦略的安定性に関する対話」の終了後、電話記者会見を開いた。緊迫するウクライナ情勢について協議し、米側はロシア側に2019年に失効した米露の中距離核戦力(INF)全廃条約を基にミサイルを管理することや、東欧での軍事演習の規模や範囲の制限などを議論することを提案した。

 戦略的安定対話はスイス・ジュネーブで開催され、約8時間に及んだ。米側代表のシャーマン氏は、提案についてロシア側も同様の対応をとることが重要だとの認識を示した。

この記事は有料記事です。

残り560文字(全文793文字)

【ウクライナ侵攻】

時系列で見る

関連記事

あわせて読みたい

マイページでフォローする

この記事の特集・連載
すべて見る

ニュース特集