特集

第71期王将戦

3冠を持つ渡辺明王将に4冠の藤井聡太竜王が挑戦。激戦の様子を棋譜、速報、写真、動画でお伝えします。 ※棋譜中継は棋譜・対局結果にて

特集一覧

藤井聡太竜王の「おやつ」注文殺到で完売 市長も大喜び 王将戦

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
「CHABATAKEケーキ」=JA掛川市提供
「CHABATAKEケーキ」=JA掛川市提供

 静岡県掛川市を舞台に全国の注目を集めた藤井聡太竜王(19)と渡辺明王将(37)による王将戦第1局(9、10日)が終わった。熱戦の余韻が残る中、掛川市の久保田崇市長は11日の定例記者会見で、勝利した藤井竜王が10日に注文した「CHABATAKEケーキ」に注文が殺到し、在庫が完売したことを明らかにした。

 ケーキは、掛川の茶畑をイメージした商品で、掛川グランドホテルとJA掛川市が共同開発した。藤井竜王が9日に注文した梅の形をした和菓子「ふくうめ」(掛川市中町、兎月堂)や「掛川紅ほっぺのショートケーキ」も問い合わせが相次いでいるという。

 久保田市長は「掛川市の魅力を発信できた。注目の一戦を開催できたことは光栄で、意義深い対局だった」と強調。「大盤解説会の会場で提供した深蒸し茶も好評で、掛川の産品をアピールできる機会につながった」と振り返った。今回は敗れたが、掛川城対決で6連勝中だった渡辺王将がキウイジュースやイチゴジュースを注文したことについては「おそらく掛川の名産のキウイやイチゴの味をご存じだったのでは」と語った。

 久保田市長は「13年連続の掛川城開催だったが、島田掛川信用金庫、ゼロの会、掛川市と地元でスクラムを組んで運営してきたのが、ここまで来られた要因。王将戦を無事、盛況のうちに終えられ、市長としてうれしい」と感想を述べた。【福沢光一】

【第71期王将戦】

時系列で見る

関連記事

あわせて読みたい

ニュース特集