連載

クロスロード

人には選択を迫られる時があります。最大のクロスロード(岐路)は何でしたか。

連載一覧

クロスロード

人生のとき 土井たか子は「戦友」 元国会議員秘書 五島昌子さん

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
昔の写真を見る五島昌子。手前は土井たか子が書いた原稿や全国から届いた激励の手紙などが詰まった段ボール箱=東京・北品川の自宅で
昔の写真を見る五島昌子。手前は土井たか子が書いた原稿や全国から届いた激励の手紙などが詰まった段ボール箱=東京・北品川の自宅で

 20代半ばの五島昌子は1963年、知人の結婚式で土井たか子と初めて会った。当時ほとんどいない女性の大学教員。ツイード上下のスーツを着込み、スピーチもそこそこに能の謡を始め、第一印象は強烈だった。すてきだと思った。半世紀近い付き合いになるとは、2人は知るよしもない。

 五島は東京生まれ。米軍基地拡張反対の砂川闘争などで活躍した母の影響もあって、明治大へ進学後は「60年安保」のデモに明け暮れた。

 一方の土井は神戸市の開業医の家に生まれ、憲法学者の同志社大教授、田畑忍に師事。同大などで憲法の講師をしていたが、69年12月に衆院選旧兵庫2区で初当選した。

この記事は有料記事です。

残り1687文字(全文1963文字)

あわせて読みたい

マイページでフォローする

この記事の特集・連載
すべて見る

ニュース特集