連載

理の眼

ジャーナリストの青木理さんのコラム。権力を監視する眼が光ります。大阪本社版夕刊連載。火曜日更新。

連載一覧

理の眼

揺らぐ矜持と独立性=青木理

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
青木理さん=東京都千代田区の学士会館で2016年1月21日、根岸基弘撮影
青木理さん=東京都千代田区の学士会館で2016年1月21日、根岸基弘撮影

 ネットの隆盛に押され、旧来型メディアの新聞やテレビの影響力は低下し、存立基盤すら揺らいでいる――というのは、いまさら僕が指摘するまでもない現下のメディア状況。僕たちはグーテンベルク以来とも称される激変期に立ちあっているわけですが、そんなさなか、ほぼ時を同じくして旧来型メディアの代表格たる大新聞と新興ネットメディアをめぐるニュースが世を騒がせています。

 まずは読売新聞の大阪本社が昨年末、大阪府と「包括連携協定」なるものを結び、「情報発信」や「産業振興」など8分野で連携していくのだとか。これにはメディアの原理原則を踏み外すものだと批判が噴出し、ネットではジャーナリスト有志がすでに数万もの抗議署名を集めています。

 今年に入ってはネットメディア「Choose Life Project(CLP)」が立憲民主党から約1500万円もの金銭支援を受けていたことが発覚。CLPは民放テレビで報道に携わっていた者たちが旧来メディアの「限界」を感じて立ちあげたものの、一部出演者からの「抗議書」を受けて初めて事実を認め、責任者は辞意を表明しました。

 いずれも耳を疑うようなニュースです。メディアやジャーナリズムの原則は、…

この記事は有料記事です。

残り443文字(全文948文字)

関連記事

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

ニュース特集