「地域通貨」再ブーム アプリ活用で利便性向上 ボランティアや運動でもポイント /茨城

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
「アクアコイン」の専用アプリ=千葉県木更津市で
「アクアコイン」の専用アプリ=千葉県木更津市で

 特定の地域に限定して使える「地域通貨」が再流行している。スマートフォンに専用アプリをダウンロードする電子型が登場し、利便性が向上しているからだ。その一方で、紙幣を発行するようなタイプは苦戦を強いられている。その盛衰を追った。

 「『アクアコイン』で今支払うと、20%分が戻ってくる。店には現金からチャージできる機械を置き、お客さん全員に利用を勧めています」。学生服や体操着などを販売する千葉県木更津市の「みずの洋品店」。水野幾雄さん親子が口をそろえてアピールする。

 コインの名前は東京湾を横断する高速道路「アクアライン」にちなんだ。地元の君津信用組合が発行、木更津市と商工会議所が協力して普及に取り組む電子地域通貨だ。スマホのアプリにチャージし、店舗にあるQRコードを読み込んで支払いができる。運用は2018年10月に始まった。

この記事は有料記事です。

残り1674文字(全文2038文字)

あわせて読みたい

ニュース特集