連載

鎌田慧の「忘れ得ぬ言葉」

膨大な取材メモの中から、珠玉の一言を拾い上げる。社会問題を追い続けてきた反骨のルポライターが、これまでに出会い、感銘を受けた人々を振り返り、戦後史の一こまを切り取っていく。

連載一覧

鎌田慧の「忘れ得ぬ言葉」

「スターもバイプレーヤーもありません…」 映画監督 新藤兼人 /群馬

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
映画「一枚のハガキ」ロケ現場で、主演の豊川悦司さん(右から2人目)、六平直政さん(右端)に演技の説明をする新藤兼人監督=群馬県富岡市で2010年6月
映画「一枚のハガキ」ロケ現場で、主演の豊川悦司さん(右から2人目)、六平直政さん(右端)に演技の説明をする新藤兼人監督=群馬県富岡市で2010年6月

 ◆「スターもバイプレーヤーもありません。そこでいかに生きるかのために、日常があるんですから」

老成に無縁の果断な生き方

 100歳で他界した映画監督・新藤兼人さん。98歳のとき、最後の映画「一枚のハガキ」を撮った。「今日はお祭りですが あなたがいらっしゃらないので 何の風情もありません」。中年兵たちが召集された兵舎の2段ベッド、上段の戦友に届いた、山村で留守を守る妻からのハガキだった。

 広島県・呉の海軍兵舎での新藤2等兵の体験だ。戦友たちはくじ引きでフィリピンにむかう途上、米軍潜水艦に攻撃されて沈没。「ぼくがハガキを読んだことを妻に伝えてくれ」と頼まれたとは、フィクションのようだが、1枚のハガキを手にして戦時中の農村にでかけ、戦争に翻弄(ほんろう)される銃後の家族を描くセミ・ドキュメンタリー。孫が押す車いすで監督した。

この記事は有料記事です。

残り1229文字(全文1592文字)

あわせて読みたい

マイページでフォローする

この記事の特集・連載
すべて見る

ニュース特集