連載

オシント新時代~荒れる情報の海

重要性が増す公開情報に基づく「オシント」。現状と行方を考えます。

連載一覧

オシント新時代~荒れる情報の海

「日本のインテリジェンスは米の周回遅れ」 兼原信克氏

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
日本の公的機関のインテリジェンスについて語る兼原信克氏=東京都文京区で2021年12月27日、佐々木順一撮影
日本の公的機関のインテリジェンスについて語る兼原信克氏=東京都文京区で2021年12月27日、佐々木順一撮影

 インターネットが普及し、インテリジェンス(情報収集・分析)の世界にも変化の波が押し寄せている。国際社会における日本の現状について、外務省出身で国家安全保障局次長などを歴任した兼原信克・同志社大特別客員教授(62)に聞いた。【加藤明子】

ネット普及で「オシント重要性」高まる

 ――公開情報を読み解く「オシント(OSINT)」(open−source intelligenceの略)の重要性を教えてください。

 ◆インテリジェンスの8割は公開情報を分析することだと言われてきました。残り2割は、ヒューミント(人を介した諜報(ちょうほう)活動)やシギント(無線・信号傍受による情報収集)など一般の方が想像するインテリジェンスです。

 例えば、ある国で起きた10年分の暴動を地図上に描き込めば、いつ、どこでどれだけ起きているのかが一目瞭然です。暴動の背景も見えてきます。これがオシントです。

 ただ、国内外を問わず、インテリジェンスの世界で公開情報は軽視されがちでした。外務省では公開情報を読み解くよりも、海外政府の政策決定者に近い人物から直接、話を聞くことが重視されてきました。話を聞けば、表の情報を取ることはできます。しかし、物事には裏があります。ホワイトハウスの中で何…

この記事は有料記事です。

残り2677文字(全文3207文字)

あわせて読みたい

マイページでフォローする

この記事の特集・連載
すべて見る
この記事の筆者
すべて見る

ニュース特集